きすけろぐ

翻訳者きすけの頭のなか

仕事の波がありすぎて計画倒れが続く日々

ここ2週間ほど、仕事がつまっていて自分の時間が全く取れない日々が続いている。 もう12月だというのに、今になって今年一番の忙しさ。 でも、この波が来る前は仕事が途切れて、睡眠8時間以上を確保しながら本を読んだりDVDを見たりしていた。 このまま仕事…

『きみはポラリス』三浦しをん <新潮文庫の100冊> ~いろいろな恋愛のかたちを集めた短編集

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第12弾 『きみはポラリス』 著者:三浦しをん 発行年:2007年 あらすじ “どうして恋に落ちたとき、人はそれを恋だと分かるのだろう。三角関係、同性愛、片想い、禁断の愛……言葉でいくら定義しても、この地球上にどれひとつとし…

『学びを結果に変える アウトプット大全』樺沢紫苑 ~今の自分に足りないものが身にしみてわかる、成長を促すきっかけを与える本。

『アウトプット大全』 著者:樺沢紫苑 発行年:2018年 内容 “日本一アウトプットしている医師である、ベストセラー作家・樺沢紫苑が圧倒的に結果が変わる「アウトプット術」を大公開。 ■アウトプットとは? アウトプットの定義 ■アウトプットの基本法則 ■ア…

『太陽の塔』森見登美彦 <新潮文庫の100冊> ~ふられた恋人を追いかける京大生の青春。

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第11弾 『太陽の塔』 著者:森見登美彦 発行年:2003年 あらすじ “私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この…

『スプラッシュ』~人魚がニューヨークにやってくる―トム・ハンクスとダリル・ハンナのカップルが微笑ましいファンタジー。

あらすじ “幼い頃に海で人魚に出会った少年が、やがて青年へと成長し、同じく美しい人魚に成長した娘と再会する……。ロン・ハワード監督がD・ハンナ、T・ハンクスを起用してコミカルに描いたファンタスティック・ラブ・ストーリー。 少年時代に溺れかけたせ…

『フォルトゥナの瞳』百田尚樹 <新潮文庫の100冊 2018> ~死が近づいている人が透明に見える。大事な人の死が近いと知った時、何ができるだろう。

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第10弾 『フォルトゥナの瞳』 著者:百田尚樹 発行年:2014年 あらすじ “幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装(コーティング)工として黙々と働くだけの日々を送っていた。…

翻訳の仕事の依頼が途切れた不安な時にすべきこと

先週の終わりころから4日間ほど、手持ちの翻訳案件がない状態が続いている。 忙しくて睡眠時間を削るくらいのときは、「この仕事が終わったら絶対に1週間くらいぐだぐだしてやる!」なんて思うのに、いざ暇になると、最初の2日間くらいはため込んでいた家事…