きすけろぐ

翻訳者きすけの頭のなか

読書

『神様のボート』江國香織 <新潮文庫の100冊> ~母の恋愛、娘の自立

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第30弾 『神様のボート』 著者:江國香織 発行年:2002年 神様のボート posted with ヨメレバ 江國香織 新潮社 2002年07月 楽天ブックス Amazon あらすじ “昔、ママは、骨ごと溶けるような恋をし、その結果あたしが生まれた。“…

『残穢』小野不由美 <新潮文庫の100冊> ~伝播する「穢れ」が引き起こす怪奇現象

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第29弾 『残穢』 著者:小野不由美 発行年:2015年 残穢 posted with ヨメレバ 小野不由美 新潮社 2015年07月29日 楽天ブックス Amazon あらすじ “この家は、どこか可怪(おか)しい。転居したばかりの部屋で、何かが畳を擦る…

『くちぶえ番長』重松清 <新潮文庫の100冊> ~小学4年生のクラスに転校してきたマコトとちょっと気の弱いツヨシの友情物語

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第28弾 『くちぶえ番長』 著者:重松清 発行年:2007年 くちぶえ番長 posted with ヨメレバ 重松清 新潮社 2007年07月 楽天ブックス Amazon あらすじ “小学四年生のツヨシのクラスに、一輪車とくちぶえの上手な女の子、マコト…

『山月記』中島敦 ~虎になってしまった李徴に重なる部分を心に抱える人は多いのでは

『山月記』 著者:中島敦 発行年:1942年 李陵/山月記改版 posted with ヨメレバ 中島敦 新潮社 2003年12月 楽天ブックス Amazon あらすじ “詩人をめざしながら、その尊大な性格のために自らの才能を磨くことを怠った李徴は、月に咆哮する虎と化す…。” 出典…

『ノーマンズランド』誉田哲也 ~姫川玲子シリーズ最新作

『ノーマンズランド』 著者:誉田哲也 発行年:2017年 あらすじ “またしても同僚の殉職を経験し、心身に疲弊の残る姫川玲子が入ったのは、葛飾署管内で起こった若い女性の殺人事件捜査本部。心機一転、捜査に集中する玲子だったが、すぐに行き詰まってしまう…

『村上海賊の娘』和田竜 <新潮文庫の100冊> ~村上海賊の当主の娘、景の勇気ある合戦

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第27弾 『村上海賊の娘』 著者:和田竜 発行年:2016年 村上海賊の娘(第1巻) posted with ヨメレバ 和田竜 新潮社 2016年06月28日 楽天ブックス Amazon あらすじ “時は戦国。乱世にその名を轟かせた海賊衆がいた。村上海賊――…

『ミッキーマウスの憂鬱』松岡圭祐 <新潮文庫の100冊> ~ディズニーランドのバックステージを覗くことができる、さらっと読める作品

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第26弾 『ミッキーマウスの憂鬱』 著者:松岡圭祐 発行年:2008年 ミッキーマウスの憂鬱 posted with ヨメレバ 松岡圭祐 新潮社 2008年09月 楽天ブックス Amazon あらすじ “東京ディズニーランドでアルバイトすることになった2…

『砂の女』安部公房 <新潮文庫の100冊> ~昆虫採集に行った先で泊めてもらった民家は砂穴の底にあった

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第25弾 『砂の女』 著者:安部公房 発行年:1981年 砂の女 改版 posted with ヨメレバ 安部公房 新潮社 2003年03月 楽天ブックス Amazon あらすじ “砂丘へ昆虫採集に出かけた男が、砂穴の底に埋もれていく一軒家に閉じ込められ…

『楽園のカンヴァス』原田マハ <新潮文庫の100冊> ~アンリ・ルソーの絵画を巡る謎

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第24弾 『楽園のカンヴァス』 著者:原田マハ 発行年:2014年 楽園のカンヴァス posted with ヨメレバ 原田マハ 新潮社 2014年06月27日 楽天ブックス Amazon あらすじ “ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウ…

『異邦人』カミュ <新潮文庫の100冊> ~「きょう、ママンが死んだ。」で始まるノーベル賞作家の作品

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第23弾 『異邦人』 著者:カミュ 発行年:1963年 異邦人 改版/新潮社/アルベ-ル・カミュ posted with カエレバ Amazon あらすじ “母の死の翌日海水浴に行き、女と関係を結び、映画をみて笑いころげ、友人の女出入りに関係して…

『オリジン』ダン・ブラウン ~おなじみラングドン教授シリーズ

『オリジン』 著者:ダン・ブラウン 発行年:2018年 オリジン 上 posted with ヨメレバ ダン・ブラウン/越前 敏弥 KADOKAWA 2018年02月28日 楽天ブックス Amazon あらすじ “ラングドンとともに逃げるアンブラは、スペイン王太子フリアンの婚約者だが、カーシ…

『あのひとは蜘蛛を潰せない』彩瀬まる <新潮文庫の100冊> ~自分に自信がもてない女性が、少しずつ変化していく姿が心につまる

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第22弾 『あのひとは蜘蛛を潰せない』 著者:彩瀬まる 発行年:2015年 あのひとは蜘蛛を潰せない posted with ヨメレバ 彩瀬まる 新潮社 2015年08月28日 楽天ブックス Amazon あらすじ “ドラッグストア店長の梨枝は、28歳にな…

『博士の愛した数式』小川洋子 <新潮文庫の100冊> ~80分しか記憶がもたない博士と家政婦、息子の心の結びつき

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第21弾 『博士の愛した数式』 著者:小川洋子 発行年:2005年 博士の愛した数式 posted with ヨメレバ 小川洋子(小説家) 新潮社 2005年12月 楽天ブックス Amazon あらすじ “[ぼくの記憶は80分しかもたない]博士の背広の袖…

『変身』フランツ・カフカ <新潮文庫の100冊> ~朝、目を覚ますと自分が巨大な虫になっていたら…

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第20弾 『変身』 著者:フランツ・カフカ 発行年:1915年 あらすじ “ある朝、気がかりな夢から目をさますと、自分が一匹の巨大な虫に変わっているのを発見する男グレーゴル・ザムザ。なぜ、こんな異常な事態になってしまったの…

『盗賊会社』星新一 <新潮文庫の100冊> ~星新一のアイデアの豊富さに改めて脱帽

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第19弾 『盗賊会社』 著者:星新一 発行年:1985年 あらすじ “私は盗賊株式会社の社員。泥棒ごっこのオモチャの製造販売の会社ではない。れっきとした、泥棒を営業とする会社だ。そんな仕事があったのかと内心うらやましがる人…

『残るは食欲』阿川佐和子 <新潮文庫の100冊> ~食べることが大好きな人は激しく共感できるエッセイ集

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第18弾 『残るは食欲』 著者:阿川佐和子 発行年:2013年 あらすじ “幼い頃から食べることが好きだった。母手作りの素朴な家庭料理を、家族で囲んだ温かな食卓──。大人になった今は一人で作って一人で食べて「私は天才かっ」と…

『約束の海』山崎豊子 <新潮文庫の100冊> ~山崎豊子の遺作となった未完の作品

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第17弾 『約束の海』 著者:山崎豊子 発行年:2016年 約束の海 (新潮文庫) posted with ヨメレバ 山崎 豊子 新潮社 2016-07-28 Amazon 楽天ブックス あらすじ “海上自衛隊の潜水艦「くにしお」と釣り船が衝突、多数の犠牲者が…

『とにかくうちに帰ります』津村記久子 <新潮文庫の100冊> ~わかるわかるとニヤリとしながら読み、そしてほっこり。

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第16弾 『とにかくうちに帰ります』 著者:津村記久子 発行年:2012年 あらすじ “うちに帰りたい。切ないぐらいに、恋をするように、うちに帰りたい――。職場のおじさんに文房具を返してもらえない時。微妙な成績のフィギュアス…

『遠くの声に耳を澄ませて』宮下奈津 <新潮文庫の100冊> ~それぞれの日常にあるそれぞれに特別な思いを紡ぐ短編集

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第15弾 『遠くの声に耳を澄ませて』 著者:宮下奈津 発行年:2009年 あらすじ “瑞々しい感性と肌理細やかな心理描写で注目される著者が紡ぎ出す、ポジティブな気持ちになれる物語。看護師、会社員、母親。その淡々とした日常に…

『何者』 朝井リョウ <新潮文庫の100冊> ~就活生のリアルな感情のゆらめきが描かれ、読んでいて苦しさを感じる作品

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第14弾 『何者』 著者:朝井リョウ 発行年:2012年 あらすじ “就職活動を目前に控えた拓人は、同居人・光太郎の引退ライブに足を運んだ。光太郎と別れた瑞月も来ると知っていたから――。瑞月の留学仲間・理香が拓人たちと同じア…

『彼女は頭が悪いから』姫野カオルコ ~東大生による強制わいせつ事件をベースにしたフィクション

『彼女は頭が悪いから』 著者:姫野カオルコ 発行年:2018年 あらすじ “私は東大生の将来をダメにした勘違い女なの? 深夜のマンションで起こった東大生5人による強制わいせつ事件。非難されたのはなぜか被害者の女子大生だった。 現実に起こった事件に着想…

『しゃぼん玉』乃南アサ <新潮文庫の100冊> ~通り魔を繰り返していた若者がたどり着いた村で感じた人とのつながり

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第13弾 『しゃぼん玉』 著者:乃南アサ 発行年:2004年 あらすじ “女性や老人だけを狙った通り魔や強盗傷害を繰り返し、自暴自棄な逃避行を続けていた伊豆見翔人は、宮崎県の山深い村で、老婆と出会った。翔人を彼女の孫と勘違…

『ペインレス』天童荒太 ~人間にとって痛みとはどのような意味を持つのか。

『ペインレス』 著者:天童荒太 発行年:2018年 あらすじ “身体の痛みを喪った青年は、その麻酔科女医にとって舌なめずりするような実験材料だった。他者への共感を生来持てなかった彼女は、快楽の在処を確かめるようなセックスの果てに何を企てようというの…

『じっと手を見る』窪美澄 ~恋愛だけではなく、若者の「生きることのもどかしさ」がにじみ出る作品

『じっと手を見る』 著者:窪美澄 発行年:2018年 あらすじ “大切な人を、帰るべき場所を、私たちはいつも見失う――。読むほどに打ちのめされる! 忘れられない恋愛小説 富士山を望む町で介護士として働く日奈と海斗。老人の世話をし、ショッピングモールだけ…

『未来』湊かなえ ~大好きなパパを亡くし、「人形」になってしまうママと暮らす章子のもとに、未来の自分からの手紙が届く

『未来』 著者:湊かなえ 発行年:2018年 あらすじ “大好きなパパを病気で亡くし、たまに感情表現を失い人形のようになってしまうママと一緒に暮らす小学生の章子(あきこ)のもとに一通の手紙が届く。〈一〇才の章子へ〉で始まるその手紙の送り主は、20年…

『きみはポラリス』三浦しをん <新潮文庫の100冊> ~いろいろな恋愛のかたちを集めた短編集

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第12弾 『きみはポラリス』 著者:三浦しをん 発行年:2007年 あらすじ “どうして恋に落ちたとき、人はそれを恋だと分かるのだろう。三角関係、同性愛、片想い、禁断の愛……言葉でいくら定義しても、この地球上にどれひとつとし…

『学びを結果に変える アウトプット大全』樺沢紫苑 ~今の自分に足りないものが身にしみてわかる、成長を促すきっかけを与える本。

『アウトプット大全』 著者:樺沢紫苑 発行年:2018年 内容 “日本一アウトプットしている医師である、ベストセラー作家・樺沢紫苑が圧倒的に結果が変わる「アウトプット術」を大公開。 ■アウトプットとは? アウトプットの定義 ■アウトプットの基本法則 ■ア…

『太陽の塔』森見登美彦 <新潮文庫の100冊> ~ふられた恋人を追いかける京大生の青春。

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第11弾 『太陽の塔』 著者:森見登美彦 発行年:2003年 あらすじ “私の大学生活には華がない。特に女性とは絶望的に縁がない。三回生の時、水尾さんという恋人ができた。毎日が愉快だった。しかし水尾さんはあろうことか、この…

『フォルトゥナの瞳』百田尚樹 <新潮文庫の100冊 2018> ~死が近づいている人が透明に見える。大事な人の死が近いと知った時、何ができるだろう。

新潮文庫の100冊読むぞシリーズ第10弾 『フォルトゥナの瞳』 著者:百田尚樹 発行年:2014年 あらすじ “幼い頃に家族を火事で失い天涯孤独の身となった木山慎一郎は友人も恋人もなく、自動車塗装(コーティング)工として黙々と働くだけの日々を送っていた。…

『地球星人』村田沙耶香 ~魔法少女である私の生きている世界は人間工場なのか。

『地球星人』 著者:村田沙耶香 発行年:2018年 あらすじ “地球では「恋愛」がどんなに素晴らしいか、若い女はセックスをしてその末に人間を生産することがどんなに素敵なことか、力をこめて宣伝している。地球星人が繁殖するためにこの仕組みを作りあげたの…