きすけろぐ

翻訳者きすけの頭のなか

『48時間』~ニック・ノルティとエディ・マーフィのコンビが自然で面白い

解説

“野外労働中の囚人が、仲間の助けを得て脱走した。犯人に相棒を殺された刑事ジャックは、彼らとつながりのある、服役中の黒人レジーに捜査協力を求める。48時間の仮釈放という条件で、二人は凶悪犯の追跡に当たるが……。ストーリーその物よりも、ノルティ、マーフィの凸凹コンビによるやりとりが最高。本作で映画デビューを飾ったE・マーフィが作品世界から逸脱せず、上質のハードボイルド・アクションに仕上がっている。”

出典元:allcinema

 

作品情報

原題:48 Hrs.

監督:ウォーター・ヒル

出演:ニック・ノルティ

エディ・マーフィ

公開:1982年

             

感じたこと

 

エディ・マーフィの映画初出演作品。

 

その後の作品の彼のイメージからもっと弾けた役柄なのかと思っていたら、あの笑い方がでてくるようなものではなかった。

 

でもその分、ニック・ノルティとの絡み方が自然で、好感が持てる。

 

それにしても、米国映画って、飲酒運転のシーンが本当によく出てくる。

 

バーで飲んでたり、車の中でウィスキーを口にしたり。

 

気になって調べてみたけど、別に飲酒運転の法律の基準が特に緩いわけではないみたい。

 

日本も昔よりも厳罰化しているし、新しい映画を見ることが少ないからそう感じるのかなぁ。