きすけろぐ

翻訳者きすけの頭のなか

『陽のあたる場所』~若き日のエリザベス・テイラー、さすがの美しさ。

 

あらすじ

“貧しい家庭で育った青年ジョージ・イーストマン。出世欲の強い彼はある時、工場を経営する叔父のもとで働くことに。やがて、彼は社交界で令嬢アンジェラと出会い、惹かれ始める。また一方で、同僚のアリスとも親密になる。そして彼女はジョージの子を身籠もった。だがパーティーで再会したジョージとアンジェラは、互いに強く惹かれ合い関係を深めていく。こうして対照的にアリスの存在が煩わしくなってきたジョージは、彼女の殺害を謀るのだが…。”

出典元:allcinema

 

作品情報

原題:A Place in the Sun

監督:ジョージ・スティーヴンス

出演:モンゴメリー・クリフト

エリザベス・テイラー

シェリー・ウィンタース

公開:1951年

             

感じたこと

 

まったく予備知識なしに見たけれど、最初はくずくずな男の話としか思わなかった。

 

彼女ができて妊娠しけど、それが分かった後にお金持ちの憧れてた人とうまくいきだして、彼女と別れたいけれど納得してもらえなくて…

 

でも、見終わってしばらく考えてみると、主人公の育ってきた環境も複雑。

心の中で彼女を捨てたいと思いながらも、実際にはそれを行動にできない部分もある。

 

ただの考えの浅い若者の話というものではないなと。

 

エリザベス・テイラーは、私の中ではマイケル・ジャクソンといるときのかなり高齢で大女優感あふれてからの印象が強い。

 

この作品はまだ十代の頃で、さすがにめちゃくちゃきれいで、びっくり。